全世界の地下鉄を一つの地図にしたら?214都市が一つの路線図に

Pocket

ニューヨークを拠点として活動するArtCodeDateが、世界中にある214の地下鉄を一つにまとめた地図を作成しています。

The World Metro Map

(c)

この地図は、建築家コンスタント・ニーヴェンホイスによる1959年の地図「ニューバビロン」に影響を受けて作られています。ニューバビロンは惑星全体がボーダレスとなった架空の世界で、人々は制限無しに移動ができます。「全てが可能なままであるべきだし、何でも起こせるべきだ。環境は行動によって作られるものであり、他の周りの物によってではない」という思いがあるそうです。

ArtCodeDateでは、このアイデアに修正を加え、人間の移動性を表す地図「The World Metro Map」を作成しました。「都市の内側での生活はその地下鉄によって作られている。世界中の地下鉄が一つの路線としてつながったらどうなるだろうか。地下鉄の管は、”アニマルシティ”の静脈であり循環系だから、この可能性を全て集めたみたら、全体の循環を実体として実現できるだろうか?」とアイデアを説明しています。

The World Metro Mapでは、214の都市、791の路線、11924の駅が含まれています。地図内の全ての路線と全ての駅は実存するものですが、それが一つの路線で全て接続されています。ニューヨークのタイムズスクエアから、中国の北京国家図書館駅まで、一続きに行けることになります。

(c) Kickstarter

(c) Kickstarter

地図に含まれる都市

地図に含まれる都市です。(c)Kickstarter

現在、非営利団体の「Open Accessibility」が、この地図の印刷版を制作して販売しその収益を組織の運営費にするため、クラウドファンディングの「Kickstarter」を使用して資金を集めています。

目標は6000ドルでしたが、完了まで20日近く残した1月22日の時点ですでに54600ドル以上が集まり、目標を大きく上回っています。

ニューヨークの地下鉄

ニューヨークのアッパーサイドはパリと交差しています。Kickstarterより。

ニューヨーク市の一部はパリと重なっており、66丁目・リンカーンセンター駅、50丁目駅から、シャトー・ド・ヴァンセンヌなど多くの駅に乗換えができます。

ニューヨークと他の都市

ニューヨークのロウアーマンハッタンでは、モスクワやサンパウロと交差しています。(c) Kickstarter

モスクワやサンパロウへも乗換えができます。

Open Accessibilityは、しょうがいを持った人たちの旅行を助けるために作られ団体で、有名な旅行地についてのアクセス情報を集めた大規模なデータベースの作成を目指しているそうです。Google Mapを始めとするオンラインマップでは、この「アクセシビリティ」に関する情報が欠けているのが欠点だとして、それを補おうとしているそうです。

手に持った地図

手に持ってみるとこれぐらいの大きさのようです。 (c) ArtCpdeData

Kickstarterでの募金者には全世界に発送してくれるそうなので、ほしい方は募金してみてもいいかもしれませんね。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>