Pocket

無料スポット50

世界的に有名な観光スポットも多いニューヨーク。入場料が高いと思われる場所も多いかもしれませんが、一方でたくさんの「無料」スポットも存在します。

無料の中には条件のある場所もありますが、ここでは「いつでも」無料の観光スポット50箇所を紹介します。

曜日や時期により無料のスポットは: ニューヨークの美術館、博物館、動・植物園、文化施設無料日一覧

美術館・博物館

多くのミュージアムがあるニューヨーク市ですが、常時無料で芸術作品を楽しめるスポットもたくさんあります。その種類も様々で、いろいろなアートを見つけることができます。有名なミュージアムもいいですが、こういった場所でニューヨークやアメリカについてじっくりと鑑賞してみるのはいかがでしょうか。

1. チェルシー・ギャラリー街 / チェルシー
ニューヨークの芸術のメッカとして知られるのが「チェルシー」。350以上のギャラリーが集まり、様々なアート展が常時開かれていますが、ギャラリーのほとんどは無料で楽しむことができます。
詳細は: チェルシー・ギャラリー街 (Chelsea Galleries)
2. ニューヨーク州立ファッション工科大学美術館 / チェルシー
FITの略称で知られる世界でも有数のファッション大学にある美術館です。市内で唯一ファッション芸術のみに特化した美術館となっており、1年を通して様々な芸術関連のイベントも開催されています。
詳細は: ニューヨーク州立ファッション工科大学美術館 (Museum at The Fashion Institute of Technology)
3. アメリカン・フォークアート・ミュージアム / アッパーウエストサイド
アメリカのフォークアートに関して米国内でも最高クラスのコレクションを持つ美術館です。場所はかつてMoMAの隣にあった特徴的な建物ではなく、2008年にアッパーウエストサイドに移転しています。
詳細は: アメリカン・フォークアート・ミュージアム (American Folk Art Museum)
4. ブロンクス美術館 / ブロンクス
ブロンクスを中心として、様々な文化的背景を持つ1000以上の現代美術作品を展示しています。40周年記念以来、入館は無料となっています。
詳細は: ブロンクス美術館 (The Bronx Museum of the Arts)
5. ニューヨーク公共図書館本館 / ミッドタウン
建物自体がニューヨークを象徴する建築であるだけでなく、蔵書コレクションも多数持ち、人文・社会科学に関しては特に有名です。館内では無料のWi-Fiも完備しており、読書スポットとしてももちろん利用できます。
詳細は: ニューヨーク公共図書館本館 (New York Public Library Stephen A. Schwarzman Building)
6. ヒスパニック・ソサエティ・オブ・アメリカ / ワシントンハイツ
スペイン、ポルトガル、ラテンアメリカの文化と芸術に関して、スペイン国外の施設としては比類なきコレクションを持つ美術館と図書館です。
詳細は: ヒスパニック・ソサエティ・オブ・アメリカ (The Hispanic Society of America)
7. 国立アメリカ・インディアン博物館・ニューヨーク / ロウアーマンハッタン
アメリカ・インディアンに特化した博物館で、北米に加え、北極圏から中南米や西インド諸島を含む西半球全てをカバーするコレクションを持ちます。
詳細は: 国立アメリカ・インディアン博物館・ニューヨーク (National Museum of the American Indian New York)
8. ソニー・ワンダー・テクノロジー・ラボ / ミッドタウン
ソニーが運営するミュージアムです。ソニーの技術を使った様々な体験型展示が提供されており、学習用ワークショップや映画上映会なども無料で行われています。
詳細は: ソニー・ワンダー・テクノロジー・ラボ (Sony Wonder Technology Lab)
9. クイーンズ・カウンティ・ファーム・ミュージアム / クイーンズ
ニューヨークにある農場博物館です。市内最大級の農場ではカントリーの味を十分に楽しむことができ、秋にはトウモロコシ畑を使った巨大な立体迷路も登場します。(迷路など一部は有料です)
詳細は: クイーンズ・カウンティ・ファーム・ミュージアム (Queens County Farm Museum)
10. ションバーグ黒人文化研究センター / ハーレム
黒人歴史研究の中心地として世界的に知られた施設であり、世界中のアフリカ系の人々の経験を収集したコレクションは500万点以上に及びます。
詳細は: ションバーグ黒人文化研究センター (Schomburg Center for Research in Black Culture)
11. オールド・ストーン・ハウス / ブルックリン
独立戦争での最初でかつ最大の会戦であった1776年のブルックリンの戦いを中心に、植民地時代及び独立戦争時代のブルックリンの歴史を紹介している博物館です。
詳細は: オールド・ストーン・ハウス (Old Stone House)
12. ニューヨーク交通博物館ギャラリー別館&ショップ / ミッドタウン
グランドセントラルターミナルにあるニューヨーク交通博物館の別館です。半分はショップになっていますが、のこのスペースを使い定期的に展示会が行われています。
詳細は: ニューヨーク交通博物館ギャラリー別館&ショップ (New York Transit Museum Gallery Annex & Store)

公園

公園と言えばもちろん無料のスポットですが、滑り台とブランコがあるだけなのが公園ではありません。ニューヨークの公園は、世界的に有名な「セントラルパーク」を始め、立派な観光スポットの一つとなっています。アート作品の展示からすばらしい眺めまで、様々な公園スポットが市内には存在します。

13. セントラルパーク
ニューヨークだけでなく、世界でも最も有名な公園の一つと言えるのがセントラルパークです。一日では周りきれない広大な面積を持つ公園は、年間4000万人以上の人たちが訪れる市内有数の観光スポットでもあります。
詳細は: セントラルパーク (Central Park)
14. ハイライン
ニューヨークの新しい観光スポットとなっているのが空中公園ハイラインです。廃線となった高架鉄道を使った公園はマンハッタンのウエストサイドに新たな人気スポットを作り出しています。
詳細は: ハイライン (The High Line)
15. ユニオンス・クエア・パーク / ユニオンスクエア
人気の待ち合わせスポットでもあるユニオンスクエアパークは、周辺に様々なお店やレストランが集まる繁華街の真ん中にある公園です。園内のグリーンマーケットも人気で、ジョージワシントンやリンカーンなどの彫刻も有名です。
詳細は: ユニオン・スクエア・パーク (Union Square Park)
16. ワシントン・スクエア・パーク / グリニッジヴィレッジ
凱旋門を模したアーチがあることで知られるニューヨークでも最も有名な公園の一つです。園内の噴水も有名で、複数のモニュメントも設置されており、様々なイベントの会場ともなっています。
詳細は: ワシントンスクエアパーク (Washington Square Park)
17. ソクラテス・スカルプチャー・パーク / クイーンズ
「彫刻公園」の名前の通り、芸術家向けのオープンスタジオや展示スペースと利用されている公園です。国際的にも名の知れた屋外ミュージアムとして、入れ替わりで展示が行われています。
詳細は: ソクラテス・スカルプチャー・パーク (Socrates Sculpture Park)
18. ブルックリン・ブリッジ・パーク / ブルックリン
ブルックリンブリッジの下に位置する公園で、マンハッタンの素晴らしい眺めを楽しめる場として知られています。近年は改修工事が進んでおり、様々な施設が追加されると共に、多くのイベントも開催されています。
詳細は: ブルックリン・ブリッジ・パーク (Brooklyn Bridge Park)
19. イースト・リバー・ステート・パーク / ブルックリン
ブルックリン・ブリッジ・パークと同様、マンハッタンの素晴らしい眺めを臨める公園として知られています。かつての出荷ドックは、古い玉石を敷いた通りや、コンクリートに埋め込まれた鉄道線路など、歴史的な遺物も残っています。
詳細は: イースト・リバー・ステート・パーク (East River State Park)
20. フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク / クイーンズ
クイーンズ最大で、セントラルパークよりも大きな面積を持つ公園内には、テニスUSオープンの会場を始め様々な施設があり、2度にわたって会場となったニューヨーク万国博覧会の遺功も残っています。
詳細は: フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク (Flushing Meadows Corona Park)
21. ザ・バッテリー / ロウアーマンハッタン
マンハッタンの南端にあり、自由の女神像に向かうフェリー乗り場があることでも知られる公園です。自由の女神を始めとするニューヨーク湾の素晴らしい景色を臨め、クリントン城などの遺功やモニュメントも複数あります。
詳細は: ザ・バッテリー (The Battery)
22. リバーサイド・パーク / アッパーウエストサイド
ニューヨーク市で最も壮観なウォーターフロントパークと呼ばれる公園です。南北6キロメートル以上に及ぶ細長い公園からは対岸のニュージャージーの素晴らしい景色が眺められ、多数のモニュメントもあります。
詳細は: リバーサイドパーク (Riverside Park)
23. ブライアント・パーク / ミッドタウン
ミッドタウンの中心にある都会のオアシス的公園です。冬のウィンタービレッジとスケートリンクは特に有名ですが、年間を通して様々なイベントが開催される場でもあります。
詳細は: ブライアント・パーク (Bryant Park)

地域・エリア

世界の交差点「タイムズスクエア」はニューヨークを象徴する場所であり、歴史的なサウスストリートシーポートでは、綺麗な夜景を楽しむこともできます。

24. タイムズスクエア / ミッドタウン
「世界の交差点」としても知られるタイムズスクエアは、ニューヨークを象徴するスポットとして、市内でも最も有名な観光スポットとなっています。ニューヨークを訪れたならぜひ一度は見てみたい場所ともいえます。
詳細は: タイムズスクエア (Times Square)
25. サウスストリート・シー・ポート / ロウアーマンハッタン
金融街に隣接する港湾を利用した歴史地区です。古い建物が立ち並ぶ中に近代的なショッピングモールも建てられており、展示されている帆船などと共に人気の観光スポットの一つともなっており、夜景スポットとしても知られています。
詳細は: サウス・ストリート・シーポート (South Street Seaport)
26. ブルックリンハイツ・プロムナード / ブルックリン
ブルックリンの高級住宅街に沿った遊歩道で、マンハッタンやブルックリンブリッジの壮大な景色を眺められる絶景スポットとして知られています。
詳細は: ブルックリンハイツ・プロムナード (Brooklyn Heights Promenade)

交通関連

電車やバスを乗り継ぐだけが駅の役割ではありません。「グランドセントラルターミナル」は建物自体が立派な観光スポットとなっており、無料のスタテンアイランドフェリーは、自由の女神を間近に見れる人気フェリーでもあります。

27. グランド・セントラル・ターミナル / ミッドタウン
マンハッタン最大規模のターミナル駅であるグランドセントラル駅は、100年を超える歴史的な建造物でもあり、中央ロビーは有名な写真スポットでもあります。様々なショップやレストランなども集まり、人気の観光地ともなっています。
詳細は: グランド・セントラル・ターミナル (Grand Central Terminal)
28. スタテンアイランド・フェリー
マンハッタンとスタテン島を結ぶスタテン・アイランド・フェリーは24時間無料で運行されており、通勤フェリーであるとともに、自由の女神の間近を通ることなどから、女神像やマンハッタンのスカイラインの写真スポットとしても人気を集めています。
詳細は: スタテンアイランド・フェリー (Staten Island Ferry)
29. ブルックリン・ブリッジ
ニューヨークで最も有名な橋とも言えるのがブルックリンブリッジです。マンハッタンの素晴らしいスカイラインを眺めながら歩いて橋を渡るのも人気となっています。
詳細は: ブルックリン・ブリッジ (Brooklyn Bridge)

建物

アメリカ初の国会議事堂から、世界の金融の中心であるニューヨーク証券取引所まで、歴史的な場所から世界的に有名な場所まで、様々な建造物を見るのもニューヨーク観光の楽しみとなります。建物の中には、ツアーを開催している場所もあり、実際に入って歴史の現場を知ることもできます。

30. フェデラルホール・ナショナルメモリアル / ロウアーマンハッタン
アメリカ初の国会議事堂があった場所に建つフェデラルホールは、ジョージ・ワシントンが初代大統領に就任した場所でもあり、館内の見学・ツアーも無料で参加できます。
詳細は: フェデラルホール・ナショナルメモリアル (Federal Hall National Memorial)
31. ニューヨーク証券取引所
フェデラルホールからすぐ近くの場所にあるのがニューヨーク証券取引所です。世界最大の証券取引所としてウォール街を象徴する建物でもあり、中の見学はできないものの、有名な写真スポットであります。
詳細は: ニューヨーク証券取引所 (New York Stock Exchange)
32. ニューヨーク連邦準備銀行 / ロウアーマンハッタン
連邦準備銀行の中でも中心的な役割を果たし、地下に世界最大の金の保管庫があることでも知られています。無料のツアーはいつも満員となる人気です。
詳細は: ニューヨーク連邦準備銀行 (Federal Reserve Bank of New York)
33. シティ・ホール / ロウアーマンハッタン
1812年に完成した米国内でも最古の市庁舎の一つであるシティ・ホールは、現在も市議会や市長室が入る現役の市政の場でもあります。無料の館内ツアーも開催されています。
詳細は: シティ・ホール (City Hall)
34. フラットアイアン・ビル
三角形の形で有名なフラットアイアンビルは、世界初の鉄骨超高層ビルとして建築史でも画期的な建物です。ビルは一般企業が入っていますが、ビル自体は写真スポットとして市内でもトップクラスの人気を持ちます。
詳細は: フラットアイアン・ビル (Flatiron Building)
35. ロックフェラーセンター / ミッドタウン
有名な展望台まで上らなくとも、下のロックフェラープラザではパブリックアートイベントも開催されることが多く、クリスマスシーズンのツリーなど無料で楽しめる見所もたくさんです。
詳細は: ロックフェラーセンター (Rockefeller Center)
36. クライスラー・ビル
ニューヨークでも最も有名なビルの一つであるクライスラービルは、上に登ることはできませんが、その荘厳なロビーなど、アールデコ調を代表する建築は無料でも楽しむことかできます。
詳細は: クライスラー・ビル (Chrysler Building)
37. リンカーンセンター / アッパーウエストサイド
ニューヨークの文化的中心地の一つであり、アートイベント会場としては世界最大規模の建物群となっている場所です。メトロポリタンオペラやニューヨークシティバレエなど、世界的に有名な様々な団体の本拠地を見ることができます。
詳細は: リンカーンセンター (Lincoln Center for Performing Arts)
38. ジェームズ・A・ファーレー郵便局
マディソンスクエアガーデンの前にある壮大な建物は、実はニューヨーク市の中央郵便局です。ここから記念の手紙を出してもいいもか知れませんね。
詳細は: ジェームズ・A・ファーレー郵便局 (James A. Farley Post Office)
39. ハミルトン・グレンジ・ナショナルメモリアル
アメリカ建国の父の一人であるアレクサンダー・ハミルトンの旧邸宅です。10ドル札の人としても知られるハミルトンについて、より詳しく知ることができます。
詳細は: ハミルトン・グレンジ・ナショナルメモリアル (Hamilton Grange National Memorial)

モニュメント

ニューヨークの歴史を記念したモニュメントを訪れれば、他の人たちよりも少しニューヨークについて詳しくなれるかもしれまん。そんな歴史の一場面を記念したモニュメントは、隠れ無料スポットかもしれません。

40. グラント将軍国立記念碑 / モーニングサイドハイツ
アメリカ大統領経験者として初めて来日した人物として日本にもゆかりがある南北戦争の英雄であるグラント将軍とその妻ジュリア・デント・グラントの記念碑は北米最大の廟でもあります。
詳細は: グラント将軍国立記念碑 (General Grant National Memorial)
41. アフリカ人墓地ナショナルモニュメント / ロウアーマンハッタン
20世紀のアメリカでの最も重要な考古学的な発見の一つを記念したモニュメントは、ニューヨークの忘れ去られていた隠れた歴史を知ることができる場でもあります。
詳細は: アフリカ人墓地ナショナルモニュメント (African Burial Ground National Monument)
42. キャッスル・クリントン・ナショナル・モニュメント / ロウアーマンハッタン
元々は米英戦争時の砦として建てられた要塞は、アメリカ初の移民局や水族館など、様々な歴史を経て現在に残っています。今では自由の女神像行きフェリーのチケット売り場でもある場所は、砦の歴史展示の場ともなっています。
詳細は: キャッスル・クリントン・ナショナル・モニュメント (Castle Clinton National Monument)

教会

43. セント・パトリック大聖堂 / ミッドタウン
アメリカ最大のゴシック様式のカトリック大聖堂と知られ、ロックフェラーセンターの向かい側にある壮大な大聖堂は毎年何百万人もの人たちが訪れる場所となっています。
詳細は: セント・パトリック大聖堂 (Saint Patricks Cathedral)
44. セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂 / ハーレム
完成すれば世界最大の聖堂となる建設が120年以上続いている聖公会の大聖堂です。教会建築としても世界トップ5の大きさに数えられていると言う壮大な建物となっています。
詳細は: セント・ジョン・ザ・ディヴァイン大聖堂 (Cathedral Church of St. John the Divine)
45. トリニティ教会 / ロウアーマンハッタン
300年以上の歴史を持つニューヨーク市で最古と言われる教会です。ウォール街のすぐ近くにある建物は、金融街の真っ只中にあって荘厳な雰囲気を作り出しています。
詳細は: トリニティ教会 (Trinity Church)
46. セント・ポール教会 / ロウアーマンハッタン
トリニティ教会の姉妹チャペルであるセントポール教会は、築250年を迎えるマンハッタン最古の継続利用の公共建築として知られています。
詳細は: セント・ポール教会 (St. Paul’s Chapel)
47. セント・バーソロミュー教会 / ミッドタウン
ロマネスク様式の聖公会の教会は、内部は美しいビザンチン様式の装飾が施されており、ニューヨーク市最大で世界トップ10にも入る巨大なパイプオルガンがあることで知られています。
詳細は: セント・バーソロミュー教会 (St. Bartholomew’s Church)
48. リバーサイド教会 / モーニングサイドハイツ
マーチン・ルーサー・キング・ジュニア、ビル・クリントン、ダライ・ラマ、フィデル・カストロら有名人たちが演説を行った場として知られる教会です。
詳細は: リバーサイド教会 (The Riverside Church)

大学

49. クーパー・ユニオント
詳細は: クーパー・ユニオン (Cooper Union)
50. コロンビア大学
詳細は: コロンビア大学 (Columbia University)
シェアを!Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+