2015年01月31日 22:24

和食の技術と心をNYに伝える 一流シェフが日米研修交流 五絆ソサエティー

 

食文化を通して日米の架け橋となることを目的に206年から活動を続けているNPO法人ザ・ゴハン・ソサエティー(川野作織代表/コーリン社長)が日本から4人のシェフを含む料亭やレストランのオーナー計8人をニューヨークに迎え、ダニエル、ブーレー、ジャン・ジョルジュなどの有名レストランのキッチンで日米研修交流した。

続きはこちら: 週刊NY生活522号の3面にて

※この記事は、週刊NY生活との提携により提供を受けて掲載している「週刊NY生活522号」の記事となります

このニュースを見た人はこちらも見ています

ニューヨークの最新ニュース

日刊ニューヨーク通信

ニューヨークの最新ニュースやイベント、ガイド情報などをお届けする無料メールマガジンです。平日午後7時(NY時間、日本時間午前9時)に配信中。メルマガのサンプルはこちら

 

取材依頼はこちら