2014年11月17日 17:24

BABYMETAL、NYでも高まる人気、地元紙が特集

 

4日にハマースタイン・ボールルームで初のニューヨークコンサートを開催した女性アイドル・メタルバンドBABYMETAL(ベビーメタル)だが、ニューヨークでの人気も高まっているようだ。

ニューヨーク・ブルックリンを拠点に活動している音楽情報サイト「FDRMX」では、「The Rise and Rise of Babymetal」と題して、その人気が高まるベビーメタルについて特集記事を配信、BABYMETALの活躍について解説している。

NY紙によるインタビューも: BABYMETAL、NY媒体のメタル・インジェクションがインタビュー
ビルボードのレビュー: BABYMETALのニューヨーク公演、ビルボードも報道
ガーディアンなどもレビュー: BABYMETALのNY公演、英ガーディアンや地元メディアも高評価

最近、日本から「Babymetal」と呼ばれる新しいバンドが、音楽界を席巻しているとして始まる記事。その成功への急速な上昇は、メタルコミュニティ内外で多くの人たちの注目を集め、ほかならぬレディ・ガガのために北米ツアーを開催したことでクライマックスを迎えているとしながら、ベビーメタルに関する様々な質問に答える形をとっている。

最初の質問は、「この10代の少女たちは誰で、メタルバンドとしてステージで何をしているのか?」。

Babymetalは、ヘビーメタル/J-popの融合メタルグループで、2010年に日本で結成された。Su-metalによって率いられ、YuimetalとMoametalの3人グループ。メンバーの名前は本名ではない。Su-metal(3人の中で最も年上)がさくら学院を卒業した後、プロデューサーのKobametal(こちらも本名ではない)が、J-popとメタルを融合させることを目指してバンドをスタートさせた。YuimetalとMoametalは、オーディションにより選ばれ、一流のミュージシャンから最高のバックバンドが組まれ、Babymetalが誕生した。

次は「本気でメタルなのか?」との質問。

3人の少女のうち誰もグループに入る前はヘビーメタルを聞いたことは無かった。Su-metalはこのアイデアを聞いたとき、混乱し当惑したと語っている。

続いて、「どんな音楽を演奏するのか?」との質問。

バンドは、3人の少女によるボーカルで構成されており、Su-metalを効果的なリードボーカルとし、他の2人が主にサポートしている。その音楽は、ヘビーメタル、スピードメタル、J-popと、デスメタルの興味深く潜在的な偏光角ブレンドとなっている。爆風ビートのダブルベースドラム、非常に速いソロ、速いペース、ミュートリフといった従来のメタルの要素を持ちながらも、ボーカルとハーモニーに沿って歌うという従来のメタルに無い要素を備えている。その音楽は、音楽の好みに合わせて良くも悪くもなるかもしれないが、彼らが異なっているという事実に反論することはできないとしている。

NY紙によるインタビューも: BABYMETAL、NY媒体のメタル・インジェクションがインタビュー
ビルボードのレビュー: BABYMETALのニューヨーク公演、ビルボードも報道
ガーディアンなどもレビュー: BABYMETALのNY公演、英ガーディアンや地元メディアも高評価

次の質問は、「彼らは良いのか?」。

その音楽の演奏やパフォーマンスに関してどのような意見を持っていたとしても、メンバー全員が才能あるミュージシャンであることは否定できないとしている。3人の少女は、全体的に優れたボーカルである。バックバンドさえも一流ミュージシャンたちである。ギターリストの大村孝佳は、元メガデスのギターリストマーティ・フリードマンのバンドメンバーとしても活動している。そして、ハイエネルギーパフォーマンスのライブは、最も刺激的な見所の一つとなっている。ライブ公演は、ダンスの振り付け、精巧な照明、小道具の多用などにより、非常に準備されたイベントである。平均的なメタルコンサートと違い、そのショーは音楽だけではなく、全体的な体験と言える。ステージ上では音楽によっても魅了しているので、これは彼らの音楽がよくないと言っているわけではない。

そして、「メタルコミュニティのこれまでの反応はどのようなものだったのか?」との質問。

Babymetalは、「tr00」メタルファンからの多くの反発に直面している。主な理由は、その策略的なスタイルだ。ライブのために用意されたミュージシャンの集まりであり、その音楽は、音楽会社により決定されている。しかし、一部のメタルファンは、「新鮮な息吹」と呼びながら、喜んで受け入れている。ファンの中にはまた、若い子供たち、J-popのファン、インディーファンも含まれている。その型破りな音楽の結果として、ファンは非常に多様なものとなっている。

最後は、「彼らは「本物」なのか?」との質問で終わる。

誰に尋ねるかにもよるとしながらも、記者は「イエス」と答えている。十分に才能を持ち、そのファンは絶えず成長しており、スレイヤーや、メタリカ、アンスラックス、デフトーンズ、カーカスのような「正統的な」バンドへ尊敬の念を持っているように見えるという事実は言うまでもない。どこに進もうとするかはバンドの管理者によるとしながらも、Su-metalはすでに17歳となり、彼女の代わりに他のシンガーが加わるとの話があったことも紹介。時間だけがどれだけ続くかを教えてくれるが、現在のところ、彼らは本物のようだと結んでいる。

NY紙によるインタビューも: BABYMETAL、NY媒体のメタル・インジェクションがインタビュー
ビルボードのレビュー: BABYMETALのニューヨーク公演、ビルボードも報道
ガーディアンなどもレビュー: BABYMETALのNY公演、英ガーディアンや地元メディアも高評価

このニュースを見た人はこちらも見ています

ニューヨークの最新ニュース

日刊ニューヨーク通信

ニューヨークの最新ニュースやイベント、ガイド情報などをお届けする無料メールマガジンです。平日午後7時(NY時間、日本時間午前9時)に配信中。メルマガのサンプルはこちら

 

取材依頼はこちら